英会話学習の壁とメソッド

最近、私自身が、英会話の学習法に当てはめて考えてみた中で、役に立ったいくつかの学習法メソッドをご紹介致します。忙しいビジネスパーソンも、余裕のない受験生も、部活動や定期試験に追われる学生の皆さんも、勉強する中でいくつもの壁にぶち当たる事は、誰にでも起こり得る問題です。そのような問題を、どのようにクリアしていくかというような考え方の発想を、今一度、見直していきましょう。例えば、皆さんが、立ち向かっている壁が、何かの「資格試験」であったとします。その資格試験においては、100人受験すると50人が受かり、50人が不合格となるそうです。皆さんは、このような情報を得た時に、どのような考えをもって資格試験に挑みますか?タイプAの場合、「50人の半分しか受からないのかぁ。これは、難しそうだ・・・。受からなくても仕方ない」、タイプBの場合、「50人の半分が合格するのであれば、どうにか乗り越えられるかもしれない。合格する為の対策を考えよう」このように、2つのタイプの考え方を提示してみましたが、皆さんは、どちらかのタイプに当てはまりそうですか?タイプAさんは、試験を受ける前から、合格する事を困難な状況と捉えています。不合格であっても仕方ないと、試験準備段階から、諦めモードであります。対して、タイプBさんは、50人も合格できるのであれば、勝算はあるかもしれないと、合格するつもりで、試験対策を考え始めました。どちらのタイプの考え方が、より資格試験の合格まで辿り着き易いでしょうか?物事は、考え方次第です。難関や難問であっても、その取り組み方次第で、アプローチ状況は変化してきます。英会話の学習メソッドにも、このような考え方を当てはめる事で、私自身は、困難なレベルであろうと考えていた、英会話レッスンにチャレンジする行動力と、勇気をもちました。皆さんも、目の前に巨大な壁が立ちはだかった時には、このような物事の捉え方次第で、目の前の風景が変化して見えてくる事もあるのだと、今回のメソッドを思い出してみて下さい。