SEOと高品質なコンテンツ

Page Quality 評価では、コンテンツの品質自体を評価しています。検索ワードとの関連性ではありません。有益なコンテンツをページの目的に応じて、どの程度保持しているかというのが評価の対象となります。まずPage Quality 評価での重要な評価基準というのは、専門知識・権威・信頼性、メインコンテンツの質と量、Webサイトの情報と責任の所在、Webサイトの評判の4点となります。

E-A-Tというのは。専門知識、権威性、信頼性のそれぞれの頭文字を組み合わせて名付けられています。グーグルはE-A-Tを兼ね備えたウェブサイト、コンテンツを評価するということです。専門知識というのは、医師や弁護士といったような公的な資格が必要というわけではありません。もちろん、医療に関連することだと医学的な専門知識がある人や病院や医師会などの組織からのコンテンツだと権威・信頼性といったような判断となります。

一方で、ファッションや料理といったものは、公式な資格なんてなくても十分に専門的な人はたくさんいます。ここでいう専門知識というのは、その人の生活や経験といったものから、そのテーマにおいて知見があるといった状態をいうものであると考えるといいようです。権

威のある状態というのは、特定の分野の代表する状態を意味するものです。グーグルではこの権威というのを、ウエブ上のコンテンツやリンクから判断します。SEOだったら、SEOに関するコンテンツでたくさん登場するSEO対策会社が、SEOに関して権威があると判断します。信頼性のあるコンテンツというのは、信用できる状態のことをいいます。ユーザーを騙すコンテンツや問題のある企業が運営するウェブサイトには信頼性はありません。