愛犬の異物誤飲

室内犬にとって室内のあらゆる目に付くものは、遊び道具になりかねません。

単なる噛みつきなどでも、電気コードやケーブルに関しては、感電の可能性もありますので、常日頃から犬たちの恰好の遊び道具と化してしまわないような工夫や注意が必要です。

もし、何か興味を引くようなものを、噛みついたり飲み込もうとしているのであれば、お気に入りの犬のおもちゃやおやつなどを見せ、注意をそらし異物を処理します。

万が一、なにかしらを誤飲してしまったような場合は、早急な他所が必要となります。

まずは、口内に異物が残っていないかどうか、口を開け確認します。もし、指を入れて取り出せるようなものが見つかった場合は、取り出しましょう。

飲み込んでしまった可能性が高い場合は、すぐに病院を受診します。

口に何か咥えた状態で、飼い主側がオーバーアクションをみせ、追いかけたりすると、反対に恐怖心を覚え、異物を飲み込もうとする事もありますので冷静な対処が必要です。

何よりも、飼い主さんの住いの環境管理に頼らざるえない愛犬たちの存在を理解しましょう。飼い主さんの考えや行動1つで、犬と人間の共同生活が左右されるのです。