狂犬病とは

狂犬病は、犬の病気ですが人間にも被害が及ぶ恐ろしい伝染病です。

狂犬病にかかった犬などに人間が噛まれる事で発症しますが、犬たちの唾液などに含まれるウィルスが、噛まれた事で人間の中枢神経などを犯すのです。

そのような働きによって、噛まれた人は、意識生涯、麻痺、興奮などの発作を起こすようです。

現代では、もし、狂犬病におかされている犬などに噛まれたとしても、その直後に、適切な処置や治療を行う事で、発病が免れるとされています。

現代においては、治療可能な病とされていますが、注意が必要な点は、狂犬病が発病するまでには、潜伏期間がある事です。数日間で発病するような人もいれば、潜伏期間が1年以上とされるような人々もいるようです。

狂犬病にかかった犬などに噛まれた傷から、ウィルスが入り込み、少しずつ中枢の神経にまで到達し、発作を起こし人格を失うように見る物全てに噛みつくような行動を起こすと言われています。

このように、目に見えて具体的な症状の他には、目立って暴れる事もなく鬱状態に至ってしまうようなケースもあるようです。

どちらの発症のケースのいずれも、死に至るという点においては同様であるので、万が一、見ず知らずの犬に噛まれたというような事が起きた場合には、適性な検査が必要です。

狂犬病の存在は、古来紀元前の時代において知られていたようですが、実際に、中枢神経が侵されて起り得る発作であると判明したのは、19世紀末であるとされています。

ですから、犬と人々が身近に暮らす中での、定期的な予防接種は、社会的にも大変重要な役割を果たしているのです。