フットサル~ダイヤとボックス

攻撃の基本は、出来るだけピッチを広く使うこと。

「ダイヤ」はピッチにバランスよく配置されるため、攻守ともコンパクトにまとまりフォーメーションの中でも一番基本的なものと考えられております。

二人がディフェンシブ、もう二人がオフェンシブという単純なフォーメーションではありますが、ディフェンシブなプレーヤーの一人が攻撃に参加しているときボールを奪われるとポジションに穴が空きそこから攻撃を仕掛けられてしまうというリスクを抱えた「ボックス」よりベターと考えらえれています。

攻撃時にはピヴォ、アラ、フィクソと個人の役割がハッキリしているので、選手交代もしやすくなり、そういう点でも「ダイヤ」は“ワンデイ向き”といえるのではないでしょうか。

ワンディ大会ではコートが正規サイズより小さいところが多いため、横パスを回すのにはあまり向いていません。

前で攻撃の起点を作って縦に速く攻めることは失点のリスクを軽減することにもなります。

残念ながら自チームにはピヴォ向きの選手がいないという場合もあるでしょうが、もちろんピヴォの素質のある選手がいればベストですが、そういった選手がいなかったとしても、誰か1人はピヴォになるといった位に考えておいた方がいいでしょう。

これは”十分練習ができていない“というチームの事情を考慮して勧めていますが、自チームは「ボックス」で戦い慣れているということであれば、無理に変える必要もないでしょう。