いつから着手すべきか考える方が多い遺品整理

遺品整理に着手する時期として一般的なのが、葬儀もしくは四十九日を終えた後や相続手続きにおいて節目を迎えたタイミングであり、大切な人を失って間もない頃は葬儀と共に事務手続を行う必要性に迫られて着手できない方も稀有ではないものの、遠方に在住していて繰り返し通えない事例では葬儀後に済ませる方も多いです。
そのように葬儀後に行う事例も少なくない中で節目を意識したり、落ち着いたタイミングで行いたい時に適しているのが四十九日法要の時で、四十九日法要であれば法要に際して親族が集まりやすい特性上、いつ行うか迷っている場合や相続の内容について話し合いたい時に頼もしいです。
このように遺品整理は葬儀後もしくは四十九日法要を終えた後が多いものの、節目として捉えられる期間を迎えても気持ちが落ち着いていない時には延ばしても構いません。
また、生前に賃貸物件にて生活をしていて引き続き家賃が発生している時などは、早めに行うといったように柔軟に対応すると良いです。