大きな地殻変動は地形図にも影響

地図を記す上では原点に注目してみましょう。正確に数値のわかっているこれらの原点を基準として、国内の知りたい任意点との相対位置情報に基づき任意点の位置情報が求められるというのが基本的な考え方に立っています。

またこれらの原点も大きな地殻変動や観測システムの向上でそれぞれ見直しが行われています。経緯度原点については観測システム導入に伴う精度向上や2011年の関東大震災に伴う地殻変動などにより今までに3回、水準原点でも2011年の関東大震災の影響などで2回見直しが行われたと言われています。

これらの数値見直しに伴う地図への影響を経緯度については、全体的な変更を伴う場合は全面的に行われた時もあり、水準点の見直しのようにわずかな変更では新製発行時に随時という影響度合いを勘案しての対応がとられているとされています。