NMNを身近に

NMNは話題を集める成分の1つで、ニコチンアミドモノヌクレオチドを正式名称とする、いわゆる一種の補酵素のことです。牛乳を始めとした栄養源に入っていることから、割と身近な成分ではありますが、特に注目を集め始めたのはここ数年です。

NMNは体内でも生成されますが、年齢によって生産能力が下がり、やがて細胞核がダメージを受けたりミトコンドリアの活性が低下することが分かりました。
つまり歳を取るとNMNは減少しますが、逆に増やせば寿命がのびるのではないかということです。

実際にNMNの研究では、細胞のエネルギーに関わるミトコンドリアの活性化や、長寿遺伝子を活性化させる働きが確認されています。NMNには若返り薬としての可能性があり、エイジングケア分野で注目されていますから、今話題の成分なのも頷けます。少子高齢化が進む日本においては、NMNが救世主になると期待されています。

エイジングケアもそうですが、NMNは細胞の正常な分裂の促進、免疫力の向上や炎症性疾患の改善など、副次的な作用についても目が離せないです。脳機能や脳神経の改善にも期待できますから、肉体だけでなく脳の健康も長く保てる可能性があります。

エイジングケアの決定版になり得るポテンシャルを秘めているので、今後の研究と実用化、登場する商品に要注目です。