子供たちと発達障害

子供たちが小学校に上がる頃に、「文字」や「数字」を覚えはじめ、学習カリキュラムの中で、作文や計算などを試みる中で、著しく作文を書くことを嫌がる子供たちの中には、「学習障害」を抱えているような子供達もいるようです。「学習障害」とは、子供達の発達障害の一つであり、文章を「読む」ことができるのですが、「書く」ことになると、全く「文字」理解していなかったり、「文字」は書いているのですが、論理的に繋がっていなかったりすることがあるようです。また、学習障害の他にも、「自閉スペクトラム症」「注意欠如多動症」などを抱える、発達障害を持っている子供たちの中に、文章力が著しく弱い子供たちがいるようです。「発達障害」を持つ子供達は、主に自分以外の他人の気持ちを想像したり、相手の立場に立って物事を考えることを、苦手としているので、文章などに現れる登場人物の気持ちに沿った思考や、論理を展開することが困難であるようなのです。そのような苦手意識を持っている子供たちには、その「特性」に沿った、サポートや、支援を行うことで、その苦手を軽減していくことが、できるようです。また、発達障害を持っている子供たちの中には、落ち着きがなく、物事に集中できない子供たちもいます。文章を読んでいると、その日の朝あった出来事が、頭の中に浮かんできてしまったり、急にテレビゲームのことが気になってしまったりすることで、目の前で読んでいる文章の内容が全く頭に入ってこないというような子供達もいるようなのです。「発達障害」は、子供たちの「特性」をきちんと見極めることで、適切な支援を行うことが必要です。発達障害講座という発達障害を深く知るための講座もあるようですので適切な支援を行うために1度受けてみるのも良いでしょう。「発達障害」をもつ子供たちが、同じような行動をとっていても、その原因となっている問題は少しずつ異なっていたりもするようです。