高齢者の健康と咀嚼機能

「咀嚼機能」が高齢者にとって大変重要な働きかけをしていることが、近年の研究者たちの報告データから分かりはじめているようです。歯を失ってしまった高齢者が歯がない状態であっても、柔らかく簡単に咀嚼できる食材を「噛む」ことで得ることのできる健康を維持するためのメリットは大変大きいことが分かっているのだそうです。人間は「噛む」ことで、脳へ血流をうながし、口内に唾液の分泌を促す働きをもたらしているのだそうです。脳に血流を送ることによって、脳の働きを活性化させ認知症予防にもつながるなどの事柄も専門医たちからの報告で明らかになっているようです。そのため、歯を失ってしまった場合には義歯や総義歯などの治療を行うのも良いかもしれません。総義歯治療や診療内容は通常の診療同様、歯科レセコンで管理されるため安心です。食べれる歯がない高齢者にとって「咀嚼」は、時として苦痛となってしまうこともあり、どの程度の柔らかさの食べ物をどのくらいの量で召し上がっていただくかは、判断が難しいこともあるかもしれませんが、高齢者たちの咀嚼機能を維持するための食事メニューの考案・開発は、健康を維持するために大変重要な役割を果たしてくれそうです。