利息制限法とは

自分自身が返済をしていくという風になった場合に、特に、重要となってくるのは、いったいお金をいくら借りているのか、という想定の金額であるということは間違いなく言えるかもしれません。

この調査をベースにして、自分自身の現在の借金の額を割り出していくわけですが、残念なことに、サラリーマン金融などの多くの会社においては利息の制限を厳格に定めている、利息制限法をあまり守っておらず、その制限を大きく飛び越えてギリギリのところで、グレーゾーン金利を定めて貸付を行っているために、多くの場合であれば利息制限法に基づいて、計算をすると過払い金が発生しているという風になっているわけです。

過払い金は、法律に基づいて業者に対して返済を迫ることができるため、結果として、自分自身が借りている借金と相殺して、借金が減額されるというトリックになっているわけです。借金をこのようにして減らしていくことによって、自分自身が、思いも しなかったレベルまで、金額を減らしていける可能性すらあるわけですから、利用しない手はないと言えるかもしれないでしょう。

また、このような場合も、ただ計算するだけではなくて、実際に業者との間でどのようにして利息制限法を守った金額を提示していくのか、という個別の交渉を行っていく必要があるわけで、これまで、返済を多くを行ってしまっていれば、業者への支払いを一旦止めて、計算をし直すなどの様々な方法があり、このような段階では、自分自身がお金を借りた業者の承諾を得なければ、任意整理をスムーズに進めることはできないという風に言えるでしょう。