職人の技を楽しむ

手間暇かけた酒は、手間暇かけた料理で引き立つというのは私の持論ですが、飲み歩きなどが趣味となると、女子会やデートプランを組む際にはガッツリこだわった店を選び、飲みたいと思ってしまうのは贅沢でしょうか。今回は職人の腕が光る店を紹介していきたいと思います。虎ノ門にある「うなり」という店。ここは前まで「山本魚吉商店」という店名だったのでそちらでピンとくる方もいるかもしれません。このお店では板前さんの腕が光りまくるひと手間かけた魚料理が味わえるでしょう。毎日市場から目利きした鮮魚を使い、刺身や煮物、焼き物に揚げ物といった変身を遂げる魚たちが羨ましいほどの「ひと手間」を味わうことができるでしょう。刺身は魚ごとに処理が変わり、藁焼きや昆布締めなどの「ひと手間」によって味わいは最高に引き出されているでしょう。また、嬉しいのは料理に合わせて日本酒や焼酎を仕入れている点と言えるでしょう。大衆居酒屋でも定番の「アジフライ」などは鮮魚ゆえにレアな状態を味わうことができる他、魚専用の醤油などが添えられており、大衆料理とは違った格別な味わいを楽しむことができるでしょう。もっと大衆的ながら職人の技を楽しむなら、つつじヶ丘にある「柴崎亭」でしょう。初めてこの店を訪れた時、私は無言で丼に向かい、最後の一滴までスープを飲み干してしまいました。このエピソード、そうそう語れる店はないのではないでしょうか。「美味しい」と言うのは簡単ですが、大切なひとに食べさせたいと言わせる料理は相当なものではないでしょうか。店に立ち込めるカツオ出汁の香りと、カウンターに出されたラーメンの美しさから、もう言葉は必要なくなり、あとはもうただそのいっぱいを楽しむのみ。自分の子どもに食べさせられるものというコンセプトからも分かるように、添加物不使用の一杯は存在感抜群。選び抜かれた素材の旨みを引き出し尽くす一杯はまさに職人の技と言えるでしょう。