家を所持するデメリット

持ち家であれば常に新しくできる可能性はありますし、買い替えれば転居することも出来ます。また同居という選択肢もあります。但しこれらのメリットは条件付きで、費用は掛かりますし、資産価値にもよります。子どもがいなければ意味のない価値観でもあります。

そして持ち家にもデメリットはあります。リフォーム費用の問題は大きく、結局古い家のまま住み続けることがあります。もしマンションであれば、全員の合意を得られないまま時だけが経つことになります。一番不幸なタイプです。そして建て替えはいきなり訪れますから、強制的に費用負担が発生します。

独り身ならもっと悲惨です。死んだらその家は国の財産となることが定められているからです。これだけ聞けば、老後の選択肢について考えたくもない人が多いでしょう。それは確かに間違っていませんが、面白い選択肢として老後の賃貸という状況を知っておいて欲しいのです。今では決して珍しくありません。

そして全ての人に共通する問題が、お年寄りにも関係します。つまり家賃の支払い問題です。高齢になると尚更この問題が浮上します。しかし一つだけ解決策があり、転居して家賃を下げるという方法です。この方法なら賃貸を続けることが可能なのかもしれません。高級賃貸の場合、借り換え・引っ越しをするだけでかなりの固定費用が浮く場合もあるでしょう。

これからの日本の高齢化を考えるのであれば、自治体もまたこうした問題に応じて対策を講じなければなりません。よくあるのは年寄りだからと断られるケースです。しょうがないことなのかもしれませんが、断られた人はどこにも行けません。彼らを助けるための窓口が設置されていますが、未だにその数は少なく、今後どうなるのかもわかりません。また、高齢者以外の世代にも悪影響が出ています。